都会に馴染むファッション術も、まずはシンプルなファッションを極める事がスタートラインになります。

MENU

都会に馴染むオシャレ術

高校生のように制服がない大学生では、ファッションがとても重要になります。
大学で都会に出てきた人は特に都会に馴染めるようなコーディネートをしていく必要があります。

 

洋服はお金さえあれば、いくらでも選択肢はありますが、お金のない大学生の場合は
無理して洋服にお金をかけすぎても、遊ぶお金が無くなったり付き合いが悪くなり逆効果になります。

 

ここでは頑張りすぎずに都会に馴染めるオシャレ術を紹介します。

 

 

お金をかけるアイテムと安物で済ませるアイテムを区別する

都会であれば、格安ブランドや古着なども充実していて、安くファッションアイテムを揃える事も可能です。しかし、ポイントを抑えてお金をかける所には、多少奮発してでも良い物を買っていく事が必要です。

 

例えば、冬に着るコートは毎日着る可能性が大きいので、なるべく良い物を買って、
夏服やインナーなどは安い洋服で種類を揃えていく事がオススメです。

 

その他、靴やベルトなども一つは良い物を持っておくとよいでしょう。

 

 

まずはシンプルを極める

都会といえば派手なファッションを着なければ、いけないと力んでしまう人も多いですが、
都会であっても、シンプルにまとめたファッションは最も無難で都会でも充分馴染む事が可能です。

 

シンプルなコーディネートができない人は、派手なファッションに挑戦しても大体失敗します。
まずはシンプルなファッションを極めて、そこからネックレスなどのアクセサリーやブーツや帽子などでアクセントを入れていく事からはじめると良いでしょう。

 

 

ブランド品にこだわらない

ファッションはブランド品や高いアイテムで固めれば必ずオシャレになるという訳ではないです。
大学生で失敗例が多いのが、ブランドに強く執着して見栄を貼ろうとしてしまうケースが多いです。

 

特に男の場合は、ファッション全般にかけるお金を節約して時計だけ良いブランド品を買おうとしたり、お金のかけ方に大きな偏りが出るケースがあります。

 

高いアイテムを買えば同性の中では話題になりやすいですが、異性からもウケるファッション術はノンブランドでも、全体的にまとまりがあるコーディネートでまとめて、特定の洋服だけで
着まわしをしない事です。