方言癖がある人は、最初から無理に直すのではなく、適度にネタにしながら、標準語に馴染む事が大切です。

MENU

方言の対処法と標準語の練習

大学進学で地方から状況してくる人も多いです。
地方出身者の場合は方言を気にしている人もいると思います。

 

長年地元で慣れ親しんだ方言は、すぐに直す事は難しい面もあります。
方言癖が付いている地方出身者の大学生活の送り方について紹介します。

 

 

最初から無理に直さない。方言はネタにもなる

方言を恥ずかしいと思う人も多いですが、
方言だけが原因で人から嫌われたり差別される事はほとんどありません。

 

標準後を上手に話せないのであれば、最初から無理に標準語を使うのではなく、
まずは方言のまま大学生活に入ってみる事がオススメです。

 

方言でしゃべる事で地方出身者という話題になり、周囲から話しかけてもらえる事もありますし、標準語に慣れている地元出身者は、方言を使う事で笑いを取りやすくなるケースもあります。

 

方言がある中で大学生活を上手に乗り切るには、
余計な方言に対するコンプレックスを持たない事も重要です。

 

 

標準語の練習方法

方言は決して悪いものではないですが、標準語を覚える事も大切です。
標準語をマスターすれば、より都会出身の人と距離を近づける事もできますし、
大学で上京など、都会に出ていった人は、そのまま東京などの都会で就職する可能性も出てきます。

 

学生生活をしている中では、方言だけで乗り切る事も可能ですが、就職して社会人になれば、
そうもいかない環境が出てきます。大学生活のうちに標準語をマスターしておきましょう。

 

 

意識しなくても自然に標準語はマスターできる

人というのは環境で成長します。
方言を直す気が無い人でも、周囲が標準語を喋っていれば自然に馴染んできて方言が抜けてしまうケースも多いです。

 

無理に標準語をマスターしようとするのではなく、自然に身体が慣れていくのを待つだけでも充分に効果を期待できます。

 

地元出身の仲間だけでツルむのではなく、標準語をしゃべる友達も作っておく事がポイントです。

 

 

バイトをする

学生生活では、方言を使っても成立はしますし、慣れてくれば気を使う相手も少なくなり、
気兼ねなく方言を受け入れてくれる友達もできるでしょう。

 

より早く標準語を練習してマスターしたいのであれば、バイトをする事をオススメです。
バイトなどの仕事では方言が許されない環境も多く、必ず標準語を使わなくてはいけません。

 

こうした気を抜く事ができない環境を作る事が一番標準語を上達させる為の近道です。
標準語を練習したいのであれば、お客と直接会話する機会が多いサービス業のバイトをする事が
オススメです。