友達を多く作って、講義を楽しみながら受講できるような環境を作りましょう。

MENU

体験談

学業とプライベートを両立するためには「時間管理」がとても大切です。

 

また1~3年の間になるべく単位をとっておくことも必要です。
その為にはスタートダッシュが必要であり、最初の1~2年にある程度単位を取得できる状況を作っておきましょう。

 

そうすれば、3~4年は自分だけの時間を作ることが出来ます。
(つまり卒業に必要な単位を取得しているので自由になれる)
留学に行くのもよし、ほかの勉強、趣味に当てるのもよし、多くのことを吸収することが出来ます。

 

人生は1度です。
その1度を効率よく、楽しく過ごすには大学生活の中でも「1~2年生」はとても大切だということを理解しておきましょう。

 

 

付き合いも大切だけど最初が肝心

高校生活と違い、一気に大人への階段を上るわけですから多くの人からの誘い、多くの人と交友が増えます。その分出費も増えるのが悩みの種でしょう。
付き合いも大切ですが、羽目を外しすぎて最初の1~2年を無駄に過ごしてしまわないように気をつけましょう。

 

最初のうちはある程度上手く付き合いながら、3~4年で思い切り遊ぶほうが、後半の学生生活をさらに楽しく、さらに有意義にすることが出来ます。

 

付き合いも程々にしましょう。

 

友達を多く作って授業を楽しむ

大学の講義を楽しむ方法は「授業」を楽しい状況にもっていくしかありません。
自分に興味が無ければ勉強は苦痛になってしまうため、友達と交友をとりながら講義を楽しみながら受講できるような環境を作りましょう。
そうすることで出席率があがり、講義内容を聞くことができ、講義内容を理解することが出来る状態を整えられます。

 

高校生活とは違い、全て自己管理のスタイルに変化するので、まずは環境作りが大切だということを覚えておきましょう。
講義に出ないことがカッコイイのではなく、講義に出ながら学校生活を楽しむことが本当のかっこいい姿だということも理解しておきましょう。