友達からの紹介は事前にどんな人なのかが分かるので、安心して会うことが出来ます。

MENU

友人の紹介で出会う

スマホで連絡を取る女性

自分で異性との出会いのきっかけをつかめない場合、「友人に異性を紹介してもらう」という手段がありますよね。
特に他の大学の友人から異性を紹介してもらうと、今まで自分の周りにいなかったタイプの異性と出会うきっかけを得ることにつながります。

 

また、紹介してもらう相手も同じように「新たな異性との出会い」を求めて自分に会いに来るわけですから、その後恋愛に発展する可能性も高いと言えるでしょう。

 

友人に異性を紹介してもらうメリットはその他にもたくさんあります。
まず、相手の外見や性格などの情報を前もって得る事が出来ます。そのため、どんな人なのか知る事ができるので、安心して会う事が出来ます。

 

また、相手も自分のことをある程度知っているという前提があるので、「この人はどんな人なのか」と探り合う事もありません。紹介する友達もどちらの情報もわかった上で紹介するわけですから、最初から気が合うことも多いと言えるでしょう。

 

しかし、紹介してもらうときには注意も必要です。
まず、「紹介してもらっても自分の好みに合わない」という可能性が考えられます。せっかく紹介してもらっても自分の好みではないから、と紹介してもらう相手に失礼になってはいけません。

 

また、断り方次第では友人が自分に持っている評価を下げてしまう恐れがあります。
写真を見せてもらったり、性格を聞いたときに自分に合わないと思ったら、友人に自分が紹介して欲しい異性のタイプをきちんと伝えるようにしてから断るようにし、自分の好みの異性を紹介してもらいたいことを伝えましょう。

 

しかし、絶対にいないような異性の高望みはしないようにしましょうね。
紹介してもらってまず行う事は「連絡先の交換」ではないでしょうか?特に近年ではLINEなどのSNSを使ってコミュニケーションを取り合うことも多いですよね。
連絡先を交換したら、まずは自分と合ってくれたことに対するお礼を言いましょう。すぐにデートに誘うのは相手に引かれてしまう可能性があります。
2人で逢いたいということを相手に伝えるときは、何度かメールをやり取りしたり、電話をしたりした後の方が無難でしょう。まずはお互いに信頼関係を築く事が大切です。

 

もしも紹介された相手が自分とうまくいきそうでなかった場合、紹介してくれた友人と相手にその気持ちをはっきり伝えるようにしましょう。
その場合、相手に余計な気をもたせたりしないようにきちんと伝える事が大切です。

 

また、せっかく知り合えたのですから、友人としてお付き合いをしていく、という方法もありますが、その場合、相手がその旨にきちんと納得している事が大切になります。
友人にも相手にも失礼にならないように気をつけましょう。