奨学金は必ず返済しないといけないものであり、返済期間を考えて利用することが大切です。

MENU

奨学金について

奨学金は必ず返済しないといけないものだということ!
最近はニュースで返済について免除してもらえるというような報道があったり、返済しなくてもいいというような話もありますが、これは間違っています。
奨学金は借りたお金なので必ず返済が必要であり、お金を借りて学校に通えることを感謝しなければいけません。

 

奨学金には1種、2種とあり、人によって利用できるものが違います。

基本的には

  1. 1種は無利息で借りることが出来ますが条件は片親、収入が一定未満の場合に適用されます。
  2. 2種の場合は利息がかかるものの通常の金融機関でお金を借りるよりも安くなっています。

    2種の場合は1種よりも厳しい条件ではないものの、借りる場合は親の収入状況に左右されます。

 

 

奨学金は返済期間を考えて利用する

例えば奨学金を毎月10万利用する場合だと、年間120万円かかります。
それが4年間続くので合計480万円です。
2種の場合はここに利息がかかるので結果として500万円以上の借金をすることになります。

 

大学生活を楽しく過ごすためには「奨学金」を利用することも一つの方法ですが、あまり高額な費用を借り入れるというのも気をつけましょう。
その分、5万~3万程度に抑えつつ、バイトをしながら置き換えるというほうが、学校卒業後の支払いが緩やかになり、精神的負担を軽減させることが出来ます。

一人暮らしにかかる費用平均は?

 

また学校を卒業し、社会人になってからは様々な支払いが必要になるので、その辺りも含めて計算に入れておくことが大切です。

 

奨学金を借りられることの喜びとありがたみを感じよう

クレジットカードと同様に、お金が借りられない=奨学金が使えない場合は、学費を納入できなければ学校にも通うことが出来ません。
学校に通って夢を追いかけたい、自分の成長に繋げたい人はその時点で道が絶たれてしまいます。
奨学金は学生のための素晴らしい制度であると同時に、利用する際は長期的な計画も必要だということを理解しておきましょう。