過去の自分のことを知る人はほとんどいないので、思い切って生まれ変わることが出来ます。

MENU

大学デビューの成功例

学生時代がどれだけ地味だとしても、都内や県外で学生生活を送ることになれば思い切って生まれ変わることが良いと思います。
その理由は「新しい自分と向き会える」からです。

 

また過去の自分のことを知る人はほとんどといっていないので、例え自分がどれだけイメチェンをしたとしてもバレる心配もないし、何も気にすることがありません。

 

変更すべきは髪型が大切!

まず女性でも男性でもイメチェンの第一歩は髪型です。
髪型さえ「流行」を抑えていればとりあえず外れることはないし、失敗することはありません。服装については中々難しいこともありますが、髪型は一番大切なので思い切ってチェンジしているといいと思います。

 

女性の場合は化粧がキモ!最新のファッション雑誌でひたすら練習

慣れない化粧は本当に何度も練習あるのみです!
よって、髪型が決まったら次は化粧の練習をすることが大切だと思います。
最新のファッション雑誌、なりたい自分のイメージ(雑誌で見れば検討つきます)に近い雑誌を購入してひたすら真似るだけで大丈夫です!

 

イメチェンは髪型+化粧だけ決まって入れば、ユニクロの服でもおしゃれに見えますし、ゆるふわっぽい印象にもなるのでこの2つが特に重要です!
逆に言えば、この2つが中途半端、あるいはできていないと大学デビューは間違いなく失敗というか「田舎丸出し」にみられるかなって思います。

 

眼鏡の人はコンタクトに!

眼鏡も確かにかわいいイメージがありますが、誰からみられてもよい印象かなって思うのはコンタクトだと思います。
私も普段は眼鏡ですが、外出するときはコンタクトに切り替えています。
コンタクトって大学デビューではお決まりかなって思いますね。
あと、余裕があるならカラコンとかにも挑戦するといいかなって思います。

 

私自身が体験したことで言えるのは、大学デビューを恥ずかしがらないでほしいって思います。自分が知らないだけで意外にそういう人って多いと思っちゃえば怖いものもなくなりますよ!